カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
瀬戸内海の小豆島と大三島が生んだ和食に合う有機フレーバーオイルの誕生です。これからの季節、熱々の湯豆腐やおでんの大根におすすめです。
瀬戸内産有機ゆずオリーブオイル
4,500円(税抜)
完売しました
瀬戸内産有機ゆずオリーブオイル
4,500円(税抜)
【2019年搾りたてオリーブオイルの販売について】
毎年搾りたてのオリーブオイルは12月1日より山田オリーブ園の公式ネットショップのみで販売します。11月下旬には、2018年のオリーブオイルをご購入いただいた方、メールマガジンにご登録いただいた方の順に販売のご案内メールを送信させていただき事前販売をお受けしています。希少品種や無濾過オイルなど少量生産のオイルをご希望の方はメールマガジンへのご登録をおすすめします。

メルマガ登録画面へ



和食に合う国産有機農産物100%のゆず香るオリーブオイルです。
 
日本ならではのフレーバーオイルを搾りたいという長年の夢が実現した最初のオイルです。ゆずの落ち着いた香りとルッカ種の優しい甘みが絶妙に合った和食に合うオイルになりました。おでんの大根や変わったところでは納豆に合う日本のフレーバーオイルです。

愛媛県で山崎さん(大三島リモーネ)が有機栽培をされている有機ゆずと当園のオリーブを一緒に搾りました。

山崎さん夫婦が東京から大三島に移住して農家になった頃、私たちも小豆島でオリーブの苗木を植え始めました。同じ志を持って瀬戸内海の島で新たな暮らしを始めた私たちが育てた果樹の恵をお試しください。

ゆず特有の爽やかな香りがしっかり感じられるオイルです。ゆずの香りはリモネンとユズノン。


爽やかな香りの後にくるなんともいえないユズノンの苦みとオリーブオイルのコクが湯豆腐や大根料理をいつもと違ったおいしさにしてくれます。


ゆずオリーブをひと回しお鍋に掛けてもらうと驚きのおいしさです。ゆずとオリーブの複雑な香りは、肉や野菜のうまみをぐっと引き立ててくれます。


ゆずオリーブオイルは魚介類の臭みを消してくれます。魚介特有の味わいをそのまま残して臭みだけを消してくれます。


少し変わったところではお蕎麦、初めてのお蕎麦の味もお試しください。


最後は定番のサラダ。ぱっとゆずの香りがするドレッシングとしても爽やかな風味のサラダが楽しめます。


その他、肉じゃがの隠し味やお漬物などいつもの和食にお試しください。

オリーブ農家がおすすめする国産オリーブオイルの選び方
国産オリーブオイルを作る農家の7つのこだわり



内容量:109g(120ml)
原材料:食用オリーブ油(小豆島産有機オリーブ果実・ルッカ種、愛媛県産有機ゆず)
賞味期限:2020.5.31(1年半)

収穫ほ場:山田オリーブ園自家有機専用ほ場(香川県小豆郡小豆島町神懸通流田甲1504-2他/有機JAS373241001)
収穫日:2018年10月31日

搾油場:山田オリーブ園自家有機専用加工所(香川県小豆郡小豆島町神懸通字柴中甲1729/有機JAS373242001)
搾油日:2018年10月31日

栽培方法:有機栽培
潅水:0回
果実熟度:緑果
収穫方法:手摘み
搾油温度:コールドプレス(低温圧搾法26℃以下)
濾過方法:濾紙を使用した自然落下法
酸度:0.2%未満
栽培責任者:山田典章
搾油責任者:山田典章
官能分析責任者:オリーブオイルソムリエ 山田いづみ